寺さんの
2018年ウォーク日記

平成30年1月以降の、お勧めコースに
 紹介した以外の参加コースです




年月日
主  催
コース名
地  名
説  明  と  感  想
 H30年9月1日
一宮友歩会
   (下見)
二之枝川編part1
扶桑町・江南市

第76回例会案内
 名鉄犬山線木津用水駅に8時集合、10人が集まる。10月例会の下見、久しぶりのウォークである。まず出発式の場所となる白雲寺に挨拶をする。そして雨の中を進む。木津用水から木曽川に出る。犬山緑地、扶桑緑地と下下見で決めたコースを歩いて行く。江南短期大学に来る。この大学の食堂を借りて昼食場所、講演会場とする予定で、その手続きをする。その後、少しコースを変えながら福祉センターに来る。ここで日本ペンクラブ会員の伊神氏に会う。江南短大で信長と江南の係わりの話をして貰うことになる。こんな企画は始めてのことである。古知野神社に寄って、ゴールの江南駅に12時半頃着く。歩き始めは雨であったが、まもなく止み、さほどの暑さでもなく、助かった。新しい企画に当日が楽しみである。
 H30年6月16日
愛知県・蟹江町
ブラアイチin蟹江
愛知県蟹江町

ブラアイチin蟹江
 6月2日の例会でこの催し物を紹介し、JR蟹江駅11時集合としておいた。千秋歩の例会を終えて出かける。この時間に集まったものは6名であった。まず歴史民俗資料館である。そして、蟹江城址公園、甘強酒造、銭洗弁天と歩いていく。コンビニに寄ったことで源氏塚公園は省いてしまったが、佐屋川創郷公園で昼食。御葭橋、観光交流センター、龍照院と歩き蟹江駅へ戻る。8km、23000歩のウォークであった。このコースは以前一宮友歩会例会で歩いたコースとほぼ同じであった。県と蟹江町の行事ということで経費もかけ、資料も説明もしっかりしている。スタッフもたくさん出ていた。受付時間は2時間あるということで、あまり多くの人とは思えなかったが、それでも翌日の新聞では500人という発表であった。主催者としてどんな感想だったか、聞いてみたい。
 H30年5月19日
一宮友歩会
    (下見)
名古屋編part11
名古屋市西区
第75回例会案内
 東枇杷島駅に7名が集まる。名古屋市西区の史跡巡りである。美濃路沿いの八坂神社に来るとこの日の夜から祭礼準備中であった。800個以上の提灯が吊される。説明を受けながらその様子を見る。当日の説明も依頼する。前回に続いて下見で大きな得をした。蜂谷宗意宅を見つけるのに苦労した。名城公園は分かっているということで省いたが、実はこれはまずかった。後で金シャチ横町を通ったらと言う案が出る。後日機会を見つけてみておくことになった。2時前に産業博物館に到着。暑い時期の例会である。どんな例会になるだろう。
H30年4月21日
一宮友歩会
   (下見)
三重編part1
桑名市長島町
第74回例会案内 
 6月例会の下見である。近鉄長島駅に6名が集まる。下下見をして考えたコースに従って歩く。下下見からもう半年近くたっている。まだ基礎だけだった願證寺の本堂は立ち上がっていた。長島やすらぎパークはボタン祭り開催中であった。こういうのは嬉しい下見である。木曽川堤防上を歩く予定であったが、堤防下に遊歩道を見つけた。嬉しい発見である。このコースに変更する。アクアプラザながらにも寄る。後は予定通りである。下下見とはだいぶ変わり、随分良いコースになった。後は当日の天気のみである。
 H30年3月17日
一宮友歩会
協力員ウォーク
彦根市


彦根市街地
 もう12回になる運営委員・協力員親睦ウォークを滋賀県彦根市で開催した。この時期としては不思議なくらい穏やか暖かい日に恵まれた。19名で彦根の中心街を歩く。市中心部は歴史関係の見所いっぱいである。護国神社、玄宮園、北野神社と想定してきたコースに沿って歩く。しかし、蓮成寺で説明を受けたり、彦根城博物館でのひこにゃん登場に間に合わせたりして、後半は気ままになった。これも楽しからずやである。楽しい1日になった。久しぶり、長浜の知人に会えたのも良かった。
 H30年2月17日
一宮友歩会
   (下見)
岐阜編part11
瑞穂市
第73回例会案内
JR穂積駅に10人が集まる。役員が増えて下見の参加者も多くなり、10人は今まで最高ではなかろうか。いいことである。寒い日である。一宮より伊吹山に近い分、より寒い。糸貫河川公園から馬場公園、そして、美江宿に入る。この間は下下見と大きく変わることになる。でも歩きやすいコースになった。美江寺、美江寺城址、大月浄水公園、そして、小簾紅園までは下下見と同じである。その後、新たにむかい地蔵を見て樽見線十九条駅に着く。12時54分の電車に間に合ったのでこれで帰る。時折みぞれもあり、辛い下見になったが、それでも楽しい。例会のゴールは穂積駅にする予定である。
 H30年1月16日
一宮友歩会
    (下下見)
名古屋編part12
名古屋市
 平成30年例会最後の下下見である。地下鉄平針駅から3人で歩く。天白区の史跡巡りである。秋葉山慈眼寺、針名神社を経て農業センターである。荒池から細口池公園、大堤池、秀伝寺と歩き天白川へ出るが、この間は下見では大きく変更する予定にする。天白川から急坂を上がり栄久寺につく。この地域が一望である。今度は下り、塩釜口駅をゴールとする。例会時は今日歩いたコースとはかなり違ったコースとなると思うが、これで平成30年例会の目途がついた。下下見は一番苦労するが、苦労した分、いろいろなことを知ることができる。これもした下見の楽しさである。


川柳&ウォーク