寺さんの
2017年ウォーク日記

平成29年1月以降の、お勧めコースに
 紹介した以外の参加コースです




年月日
主  催
コース名
地  名
説  明  と  感  想
 H29年5月4日
一宮友歩会
  (下下見)
名古屋編part10
名古屋市
 遅ればせになっていた12月例会の下下見を3人で行う。守山区の史跡巡りである。大曽根駅から歩き始める。まず以前来たことにある長母寺に行く。矢田川を渡って宝勝寺、守山城址へ向かう。守山城址の行き方が分からなくて、ウロウロしていたら通りがかった女性に教えてくれた。白山神社、守山市役所跡、陸上自衛隊守山駐屯地の前を通り、すいどう道に入る。瓢箪山古墳を経て、小幡城址である。またすいどう道を少し通り、山下公園から大永寺である。川田公園から川島神社を経たところで昼食を取る。午後は小幡緑地公園、牛牧遺跡、生玉神社、長慶寺である。長慶寺は元長兄寺といい、長母寺と関連がある。そしてゴールの小幡駅に着く。当初想定よりかなり変わったが、良いコースになったと思う。ゴールデンウォークの1日をいいウォークができた。
 H29年4月22日
一宮友歩会
      (下見)
西尾張編part16
弥富市・蟹江町

第68回例会案内
 6月例会の下見に、弥富駅に7名が集まる。今回から、新しく運営委員になってもらった河川協会会員のY氏にも参加してもらう。Y氏にはすでに運営委員以上の協力をしてもらってきてるが、退職を機会に運営委員になってもらった。まず弥富歴史民俗資料館に行く。ここでお願いしてあるガイドさんの確認を行う。当日は2班に分かれ、6人の方がついて下さるという。何という丁寧さであろうか。その後蓮如堂、おみよし松、海南こどもの国、孝女そよ宅跡と下下見通りに歩き、三つ叉池公園で昼食を取る。公園は芝桜が真っ盛りである。いいときに下見に来たものである。その後二つお宮の松、吉川英治文学碑、鹿島神社文学苑と予定通り歩き、2時前にゴールの蟹江駅に到着である。喫茶店によって帰途につく。例会当日もこのように気持ちのいいウォークでありたいものだ。
 H29年3月18日
一宮友歩会
協力員ウォーク
三重県松坂市

松阪市街地
 一宮友歩会の運営委員・協力員親睦ウォークも第11回になり、今年は三重県松坂市まで出かけた。松阪駅に9時30分に集合、参加者は25名である。御厨神社、三井家発祥の地を経て産業振興センターに入館する。旧長谷川邸の外観を見て、歴史民俗資料館に入館する。入館料は会で負担する。参加費無料なのに全く大判振る舞いである。その後ゆっくり松阪城址を回る。そして御城番屋敷である。ここで管理人の方から説明を受ける。想定外である。原田二郎旧宅に行く。ここでも説明を受ける。予約もしてなかったのに全く嬉しい対応である。その後樹敬寺、来迎寺、龍泉寺と回って松阪駅に2時過ぎに帰り着く。穏やかな日で、見所いっぱいの良いウォークであった。更に私はその後劇団四季名古屋で、会社の若い人3人と「リトル・マーメイド」を見、飲んで帰って全く良い1日となった。
H29年2月18日
一宮友歩会
    (下見)
岐阜編part10
穂積市・羽島市
第67回例会案内 
 寒いながらも穏やかな日である。JR穂積駅に8人が集まる。別府観音堂、観音院までは下下見通り歩く。ここでトイレが問題となり、寺院の方に聞くと公園がある行って、かなり遠くまで案内してもらった。これで解決である。かなりのコース変更をして中川に出る。ここから犀川、墨俣一夜城、墨俣宿と回り大江川、境川に出る。ここでまたトイレが問題となるが、グラウンドのトイレを使わせてもらうことができた。そして、美濃路一里塚を見て、境川の左岸を上流へ西方寺まで歩く。西方寺では説明もお願いでき、ここで解散式とする。下下見ではかなり不安なところがあったが、すべて上々に解決できた。桜・桜の連続である。当日の好天を祈るばかりである。
 H29年1月20日
支店ウォーク会
名古屋市
 私が勤める会社の支店で、ウォーキングをしたいので計画をして欲しいと要望があった。私としては願ったり叶ったりである。しかし、開催日は1月中旬というあまり好ましくない時期である。いろいろ考えた末、一宮友歩会の昨年7月例会「名古屋市東区の史跡巡り」の前半部を活用することを提案した。そして1月20日午後実施となった。12人全員の参加である。地下鉄車道駅から建中寺、徳源寺、徳川園、了義院と回っていく。貨幣資料館にも入館する。カトリック主税町教会にも入る。白壁町の町中を通り、市政資料館でゴールとした。全員無事歩き通した。その後銭湯に入り懇親会となった。天候を心配したが、この時期としては珍しい穏やかな日であった。その後もこのことが時折話題となる。会社でこんなことができるとは思ってもいなかった。全く嬉しいことである。


川柳&ウォーク