運 営 方 針


【A】基本方針
*会員のための独立の運営をする。
  ・日本及び愛知ウオーキング協会の傘下に入らない。
  ・行政、企業等に(積極的には)働きかけない。
*身の丈(実力)にあった運営をする→当面はウォーク例会を中心とした行事。
*情報の公開、明朗会計に努める。

【B】運営の仕方
*運営委員による運営委員会を設置する。
  ・主要事項は運営委員会で協議し、決定する。
  ・運営委員は会長1名、副会長2名(総務・ウォーク)、会計1名、及び幹事、副幹事で
   構成する。副幹事は委員会出席の義務を負わない。
  ・運営委員会の議長は会長が行う。
*運営に協力員を依頼する。
  ・協力員は運営委員会出席の権利義務を持たない。
  ・主に例会時の受け付け、コース下見、交通誘導等の補助を行う。
  ・協力員のコース下見に対し、1回分の交通費実費を支給する。他の協力に対しても、
   これに準じて応分の支給をする。
*情報・連絡はホームページ、Eメール(携帯電話のメールを含む)を原則とすると共に、
 参加者相互の連携を依頼する。

【C】スローガン
  3つのキーワード「環境、健康、交流」を会のスローガンとし、参加者への普及を図る。
  具体的内容については状況に応じて検討する。
    環境・・・身の回りの環境改善。ゴミの持ち帰り、訪問地の美化等。
    健康・・・心と体の健康増進。交通ルールの遵守、快いウォーク等。
    交流・・・豊かな人間関係の構築。あいさつ、声かけ運動等。

                                (当初作成・平成17年12月1日)

                                   (最終修正・平成18年10月18日)



          平成29年の計画

*平成18年のシリーズを継続する。
     河川探訪シリーズ・・・河川及びその周辺の自然、名所探訪。
     史跡巡りシリーズ・・・城跡を中心にした史跡巡り。
*可能な限り途中解散コースを設ける。
*上記方針により別表(平成29年例会計画)の通り計画する。
*参加費はその都度300円とし、入会金、年会費は徴収しない。なお、中学生以下は
 無料とし、小学生以下は保護者同伴とする。


            (別表)  平成29年例会計画
回数 開催月日 集合時間 集合場所
(最寄り駅)
例  会  名 歩行距離 ゴール(予定)等説明
66 2月4日(土) 9時 名鉄
新木曽川
史跡巡り・西尾張編
part15
14(8)km ゴール・名鉄萩原駅、
旧木曽川町・旧尾西市の史跡、   
67 4月1日(土) 9時 JR 穂積駅 史跡巡り・岐阜編
part10
13(7)km ゴール・名鉄南宿駅、
鎌倉街道(美濃路)・墨俣一夜城、  
68 6月3日(土) 9時 近鉄
弥富駅
史跡巡り・西尾張編
part16
12(-)km ゴール・近鉄蟹江駅、
弥富市南部・蟹江町南部の史跡
69 7月1日(土) 9時 名鉄
栄生駅
史跡巡り・名古屋編
part9
11(6)km ゴール・近鉄烏森駅、
中村区の史跡(中村公園・日之宮等)
70 10月7日(土) 9時 名鉄
上小田井駅
河川探訪・新川編
part2
15(10)km ゴール・名鉄小牧原駅、
新川→大山川→外堀川  名古屋空港    
71 12月2日(土) 9時 JR 大曽根駅(北口) 史跡巡り・名古屋編
part10
12(8)km ゴール・名鉄小幡駅、
守山区の史跡(守山城址・小幡城址等) 

      *開催日は偶数月第1土曜日とし、8月は7月に繰り上がっています。
      *雨天でも開催します。(ただし暴風警報等発令の場合は中止)
      *歩行距離は目安です。可能な限り途中で帰れるショートコースを設けます( )書き。
      *解散は午後3時前後(2〜4時)を目途とします。
      *歩ける服装で、弁当、飲み物、雨具、敷物、筆記具等を持参してください。
      *例会中の事故(けが)については、傷害保険の範囲内で対応致しますが、安全と健康
       管理は自己責任でお願いします。

                                     (作成 平成28年11月4日)




        ***** 例会の進め方 *****

 
1.受け付け
    受付は集合時間の30分前から始める。

 2.出発式
     ア)会長(または代理)のあいさつ
     イ)コース説明・注意事項(コースリーダー)
     ウ)準備運動
     エ)檄(出発時に、コースリーダーが大きな声で出発を伝える)

 3.歩行方法
   1)原則団体歩行とする。
   2)団体歩行の場合、コースリーダー、旗手が先頭を歩き、その後に交通誘導担当、
    一般参加者とする。
   3)歩行は2列縦隊、右側歩行を原則とするが、道路状況に応じてコースリーダーが
    適宜判断し、指示する。

 4.交通誘導
   1)交通誘導担当は出発時に先頭集団を作る(会旗の後)。
     (当面、コースリーダー、アンカー等以外は全員が当たる)
   2)誘導に立つ箇所はコースリーダーが指示する。
   3)立つ位置は横断手前とする。止まれの指示ははっきりと、体全体でする。
   4)集団歩行は車優先と考える。(原則として車は止めない)
   5)右折車、左折車があるときは、早めに横断者を止める。
   6)青の点滅に入ったら、横断者を止める。
   7)誘導で最後尾まで落ちた後は適度に列の途中に加わり、必要に応じて誘導
    を行う。

 5.解散式
     ア)整理運動
     イ)あいさつ(会長、または副会長)


                            
(当初作成 平成17年12月1日)
                                 (最終修正 平成18年1月31日)