一宮友歩会(国府宮神社)


ニュース・お知らせ・更新情報

(お願い)参加を希望される方は、連絡のためにメールアドレスの登録をお願いします。
          (このページの最下段の「問い合わせ等」をクリックし、送信してください)


        あ い さ つ (第71版)

 一宮友歩会へのご支援、ご協力、ご参加ありがとうございます。
 第67回例会は平成27年4月1日(土)、「史跡巡りシリーズ・岐阜編part10」としてJR穂積駅から名鉄竹鼻線南宿駅までの約13kmの史跡巡りです。
 穂積駅で出発式です。朝方まで雨が残っていましたが、出発式の時には上がっていました。しかし、寒い日です。参加者は42名です。歩き始めてすぐに別府観音です。毎月第一土曜日の午前中がご開帳です。まさにこの時に当たりました。本堂にあげて頂いて説明の後、県指定重要文化財の十一面観音像を間近で見させていただきました。長良川に沿いながら南に下って行きます。秋葉神社に大イチョウを見ると、まもなく観音院です。大提灯が境内に吊され、千日参りで有名な寺です。ちょうど住職さんに出会い、急ながら話をお願いしたところ快く引き受けてもらえました。話が終わって、一人の参加者が前に出てきて住職さんに挨拶をするのです。何十年ぶりの偶然の出会いというのです。この出会いに皆で拍手です。野口公園で休憩し、朝日大学の脇を通り、中川の堤防を歩きます。桜並木ですが、残念ながら桜はまだつぼみです。この堤防はレンギョウも植えてあり、こちらの方は十分に咲いていてホッとしました。そして犀川に出ます。桜祭りの屋台がたくさん出ていますが、残念ながらこちらもまだつぼみです。墨俣一夜城で昼食です。午後の出発の前に、城愛好家のM氏と河川協会会員のY氏から詳しい資料を以て説明を受けました。そして初参加者3名の自己紹介と集合写真を撮って午後の出発です。墨俣宿の脇本陣や本性寺を見て、長良川を渡ります。今度は大江川の桜ですが、ここもまだつぼみです。そして、境川の高桑桜です。ありがたいことにこちらはかなり咲いていました。やっと巡り合えた感じです。境川の沈下橋を渡ります。美濃路一里塚碑や親鸞聖人旧跡碑を見ながら西方寺です。ここでは事前に話をお願いしており、話が終わった後、本堂に上がって茶器を見せてもらうことになりました。これもまた思いがけないことです。ここで解散式です。その南宿駅まで歩き、2時50分の電車で帰りました。
 桜桜の連続のコースでしたが、今年は開花が遅れ少し残念な例会になりました。それでも雨は上がり、別府観音の開帳日に当たり、説明も多く、偶然の出合いもあり、楽しい例会になりました。
 次回第68回例会は、平成29年6月3日(土)「史跡巡りシリーズ・西尾張編part16」として弥富市から蟹江町の史跡を巡ります。近鉄弥富駅から弥富市の歴史民俗資料館、蓮如堂、海南こどもの国、三つ叉池公園、二つお宮の松などを見ていきます。蟹江町に入ると吉川英治文学碑、鹿島神社文学苑などです。ゴールは近鉄蟹江駅です。お誘い合わせの上、多くの方の参加をお待ちしています。
                              (平成29年4月)



第67回例会(平成29年4月1日)  墨俣一夜城




ロゴマーク
Ichinomiya」「Yu」「Ho」の
頭文字をアレンジ、デザイン化。
元気に歩く姿が感じられます。

会    旗


会員のホームページ
Kオジサン
山歩きの記
伊那谷の風景 光の時代の
ウォーキング
(一宮友歩会の過去の例会に参加し、今後も参加を予定される方で、
自己のホームページを持ってみえる方はそのホームページを
ここにリンクします。ジャンルを問いませんので、申し出てください)


トップ           お問い合わせ、ご意見は次からどうぞ  問い合わせ等
(051201)