現代川柳を味わおう

       20年以上続けてきた川柳活動を紹介していきます。
      平成13年までは「川柳東浦の会」の会報「ちたの風」に掲載
      された句を中心に紹介してきましたが、その会が平成13年に
       解散になり、平成14年から始めた「川柳連れ連れ草」の
活動を紹介していきます。
寺さんの雅号は「沢 英人」です。
      
 

「川柳連れ連れ草(つれづれそう)」の紹介

「川柳東浦の会」解散後、新たな川柳作品交流の
場として企画する。川柳を志向する同好の
友が連れだって、つれづれ(徒然)成るままに
歳月を積みかさね、豊かな人生の一助にしていきたい。

(発 足   平成14年1月)

     
       「川柳連れ連れ草」への投稿案内
             次の要領で川柳及び感想文を募集します。

  1)毎月15日までに自由句を7句程度、課題句を2句程度
    メール(下記)で送付してください。自由句には題をつけて
    ください。課題の題は2)の通りです。
  
2)2017年「課題」
      (1月)明ける (2月)歌 (3月)心 (4月)悲しい
      (5月)流す (6月)若い (7月)力 (8月)満たす
      (9月)あふれる (10月)大きい (11月)望み (12月)抱く

  3)「川柳連れ連れ草」を読んでいただいた人から感想文
    (150字以内)も募集いたします。
  
4)発表は「川柳連れ連れ草」として本ホームページ上で行
    います。感想文もその句のページに随時掲載します。
    掲載方法は一任してください。

  5)始めて投稿される方は「川柳観」をご一読下さい。


              川柳投稿

作成手法の意図
メール・ホームページの活用は、従来の紙媒体による
発表に比べ、投稿者・発行者双方に大きな労力の軽減ができ、
読者も幅広い方に鑑賞していただけると考える。
タイトルを付けることについては、句は本来1句完結で
あるが、それを守りながらもタイトルを付けることに
よって物語性の展開など発想や作句手法に広がり
できると思う。いろいろな手法を試みていきたい。

投稿される方も鑑賞される方も川柳の新たな創造
交流の場に活用していただければ幸甚である。

  「川柳東浦の会」の紹介
      昭和55年3月 愛知県知多郡東浦町において渡辺和尾氏を
          主宰に発足する。以後毎月1回の例会を開催する。
 平成13年11月 21年9ヶ月間、260回目の例会を
もって解散する。          
        又この間に合同句集を5巻発行する。     
          最終会員  18名     会長  沢 英人(名目のみ)
             実質の運営は八重子、愛らが当たる。
         英人およびその妻幸智子は会創立から
                 川柳作句を始め、解散まで会員で通す。       

        
「ちたの風」の紹介
     川柳東浦の会の会報。月1回発行。表紙を含めて12ページ。
平成13年11月第260号をもって最終号とする。
                前月例会の入選句および随想等を掲載。

     こころしずかな
  また
   もえるような
  そして
   やさしさにあふれた
   十七音で
  書いてみよう


  
(「ちたの風」表紙より)


川柳鑑賞について
 川柳は5・7・5の17音字を基本とします。
 川柳は生きている人間を読みます。
川柳の3要素は穿ち、軽み、笑いと言いますが、
現代川柳では特に作者の「心情、思い」を大切にします。
現在の川柳界は様々な思想で進められており、
上記以上に確立したものはないと感じています。

「雑詠」は特にテーマを定めず自由に、
「課題」はテーマを決めて
「席題」は句会の場で作句します。
「共選」は2人以上、時には出席者全員で選をし
多くの場合順位をつけます。

川柳&ウォーク